応対品質をチェック

通話

選ぶときのポイント

電話代行とは、社員ではなく専門のオペレーターが電話に対応するというサービスです。電話代行サービスを使うメリットは応対サービスの向上、本業への集中が可能、営業電話のシャットアウトが可能、人件費の節約などがあげられます。電話代行サービスでは電話応対の教育を受けたスタッフが応対することになるため、確実で丁寧な応対が期待できます。そのことによって社員教育の手間も省けます。電話の一次応対を代行してもらえるため、本当に必要な電話のみに応対することができ、電話応対で本業がじゃまされることがありません。業績がのびていてすべきことが増えるときなどにも最適です。また営業電話と見られるような電話の特徴をオペレーターに伝えておき、そういった電話はシャットアウトしてもらうようにすれば営業電話に対応する時間をぐっと減らすこともできます。基本的にすべて電話代行に委託し、後から必要な電話のみかけ直すという形にすればより確実に営業電話はシャットアウトできます。こうしたメリットがある電話代行ですが、様々な会社からサービスは提供されているため、様々な点を比較して選ぶようにしましょう。費用、サービス内容、機能なども重要なポイントですが、イメージアップにつなげたいのならば応対品質もチェックしましょう。しっかりとした社員教育がされており、信頼して任せられる会社に依頼すべきです。教育システムがしっかりしておらず、イメージのよくないスタッフに当たってしまうと逆にイメージダウンになりかねません。

Copyright© 2018 総務業務をアウトソーシングしよう【メリットが満載】 All Rights Reserved.