バイオマス発電で資源の有効活用ができる|安い費用でできる騒音対策

メンズ

点検を依頼できる

葉っぱ

改正フロン法が制定されたことによって、業務用のエアコンは簡易点検を行なうことが義務付けられました。企業のビルや施設に使用されるエアコンは大型であり、使用されるフロンガス、または代替フロンの量が多いため、漏出を防ぐ目的で定期的な点検を義務付けたのです。最近では二酸化炭素やプロパンガスを使ったノンフロンのエアコンが家庭用でも販売されていますが、配管内で高圧になることで爆発するリスクもあります。事故が起これば甚大な被害がもたらされる大型の業務用エアコンには、ノンフロンのものは販売されていないのです。オゾン層を破壊するフロンガスや、温室効果ガスとなる代替フロンが用いられたエアコンは、空気中にガスを漏らすと環境に大きな被害を引き起こします。改正フロン法に従い、定期的な簡易点検を行ないましょう。

点検を行なったあとは、点検記録表へ記入をすることを改正フロン法では定められています。欠かさずエアコンの点検をしっかりと行なっているかを証明するものであり、記録を提示するように求められることがあるため、記録表への記入は忘れずに行なってもらいましょう。簡易点検は管理者が独自に行なうこともできるので、費用の節約のために点検を自分で行なっている人もいるでしょう。しかし、業務用エアコンともなれば室内や室外にたくさんの機器があるため、自分で全ての点検をすることは骨が折れる作業となります。エアコンの点検を行なう会社に依頼すれば、素人では難しいエアコン点検もすぐに行なってくれます。自分で行なうことが難しい場合は、プロの会社に点検依頼をするのが最適なのです。