外部への委託

社内

作業の選択

企業においては、通常は総務部を設置し、社内の事務全般を行う担当者を配置していることが多い。特に、一定規模以上の会社においては総務部の設置は欠かすことのできないものになっている。総務部では、従業員の情報管理や給与計算、経費の精算など様々な業務を行う部署である。企業活動を行う場合には、これらの事務は必ず発生するものである為、通常は専門の担当者を配置して行わせている会社が殆どである。これらの総務の作業について、最近ではアウトソーシングをするケースが増えている。総務の作業は、会社の重要情報を扱う部署でもあるため、これまでは社内の担当者で行うことが通常であった。しかし、人件費削減などの観点からアウトソーシングを行うケースが増えている。アウトソーシングを行うことで、固定人員を削減できるメリットがある。総務部の作業では、期末期初など一定の時期に作業が集中するケースがある。アウトソーシングを活用することで、それらの時期のみ一部作業を外部に委託して進めることが可能になる。但し、アウトソーシングする場合にはどの作業を委託するかを検討することが重要である。会社情報など重要なデータを外部業者に出すことはリスクが伴う為、定型的な作業のみをアウトソーシングするように配慮することが必要である。従業員向けの資料作成など、社外に漏れても大きな問題が無い情報を扱う作業について、アウトソーシングすることでコスト削減などに繋げられる。」

Copyright© 2018 総務業務をアウトソーシングしよう【メリットが満載】 All Rights Reserved.