バイオマス発電で資源の有効活用ができる|安い費用でできる騒音対策

男女

点検を依頼できる

葉っぱ

改正フロン法では、管理者に対して定期的にエアコンの点検を行なうことを義務付けています。管理者本人が点検をすることはできますが、数の多い施設内のエアコン全てを点検するのは難しいものです。専門の会社に点検を依頼することで、手間なく点検を行なえます。

もっと読む

次世代の発電方法

発電所

国内で主に行われている発電方法といえば、火力発電が挙げられます。化石燃料を燃やすことでタービンを回し、たくさんの電力を安定して得ることができるのがこの火力発電の大まかな仕組みです。しかし、この火力発電は化石燃料を大量に使用するため、さまざまな問題をはらむ発電方法なのです。燃料を燃やすことで、二酸化炭素やダイオキシンなどの地球温暖化や環境負荷を与える物質を多く排出してしまいます。また、使用している化石燃料を外国からの輸入に頼っているのも問題となります。燃料が高騰すれば、電力会社の負担も大きくなり、それらのしわ寄せは電力を供給してもらっている一般消費者に向かいます。また、燃料の輸出先である国の内政が不安定になれば、供給量も少なくなってしまうため、十分な量の電力が得られなくなるといった問題も発生するのです。こうしたことから、最近では化石燃料を使った発電に代わり、生物資源を有効活用できるバイオマス発電に注目が集まっています。燃料となるものが国内でも賄えるので、他国の影響に晒されずに安定した電力が得られます。

バイオマス発電では、余った木材や食品廃棄物、家畜の排泄物などを燃料として発電することができます。木材や家畜の排泄物などは、古来より燃料として多くの国で活用されてきたものです。余った建築材や廃棄物などは、廃棄物処理の施設で大量に処分されているものです。単純にゴミとして処理するよりも、バイオマス発電のために有効活用することの方が有益です。バイオマス発電では木材なども使うため、結局二酸化炭素などが発生するのでは、と考える人も多いでしょう。しかし、排出される二酸化炭素はそもそもその木材が吸収していた二酸化炭素なので、総合的に考えると二酸化炭素量が大気中に増えるということはないのです。エコに貢献できるバイオマス発電は、次世代の発電方法として大いに注目されています。

騒音の害を抑える工事

耳を押さえる人

工場での騒音対策を行なう場合、建物周囲に防音工事を施す必要があります。防音フェンスを敷地周辺に設置することで、騒音を敷地内に封じ込めることができます。また、騒音を出す機器へ防音パネルを設置することで、安く騒音対策をすることもできるでしょう。

もっと読む

汚れの付着を防ぐ

花

泥がよく付着する土木工事や、油が体に多く付着するタンク内の作業など、衣服につく汚れに悩まされる人は多いでしょう。こうした作業を行なうなら、作業用カッパを着用するとよいでしょう。汚れの付着を防げるほか、素材も頑丈で蒸れにくいため快適に着用できます。

もっと読む